ほしいものがあっても我慢する

借入しない生活を送りましょう

お金が足りない時は我慢するか、借入をして補うかを判断します。借入をする場合は人にお願いをしたり、金融業者を利用したりすることになります。人間関係への影響を考慮すると、金融業者から借入をする方法は誰にも迷惑をかけないですし、利用する金融業者によっては即日でお金を引き出せるので便利ですよね。ただ、金融業者からの借入は金利によって発生する利息を上乗せして返済しなければなりません。人から借りる場合は人間関係の変化、金融業者から借入する場合は利息という部分で負担がかかるため、我慢するように努めましょう。我慢するだけでは解決が難しい問題の場合は、必要最小限の借入に抑えることを考えるべきです。そうすれば、負担を減らせるので生活への影響は少なくなります。

即決しないことが大事

ほしい物を見つけた時に我慢すれば借入をせずに済みますが、ほしい気持ちを抑えられなければ借入をしてでも購入したくなるでしょう。このような場合はただ我慢をするだけではなく、即決しないことが大事です。たとえば、店頭でほしい物を見つけた際は、購入するお金を借入するかどうかを検討するのではなく、退店して考える時間を作ります。翌日や翌々日になってもほしい気持ちが消えなかったり、より強くなったりしているなら、借入をしてまで購入する価値がある物と判断できます。逆に翌日や翌々日になってほしい気持ちが少なくなっている時は、もう少し検討する時間を設けましょう。すると、無駄な借入をせずに済むため、返済の負担がない快適な生活を送れます。

© Copyright Total Financial Solutions. All Rights Reserved.